Q&A

2016.08.03更新

よろしく、お願いします!

投稿者: 関原歯科医院

2012.11.08更新

A.残念ながらホワイトニングで白くした歯でも日々歯を使っているとだんだん色が戻ってしまいます。少しでも長持ちさせるために定期的なメンテナンスは怠らないようにしましょう。

投稿者: 関原歯科医院

2012.11.08更新

A.「若年性歯周病」といって、10代の方でも歯周病になることがあります。歯磨きが行き届いていなく口内に菌が残っていると歯周病になりやすくなってしまいますので若いというだけで安心してはいけません。日々の歯磨きと定期的な健診は怠らないようにしましょう。

投稿者: 関原歯科医院

2012.11.08更新

A.フッ素は歯を頑丈にするために使用する天然のミネラル成分です。お子様の乳歯や生え替わって間もない永久歯に塗ると、虫歯になりにくくなるのでお子様の歯を守る予防歯科としておすすめです。

投稿者: 関原歯科医院

2012.11.08更新

A.歯周病の可能性があります。歯周病の場合、歯茎が腫れても初期段階では痛みを感じないことも多く、放置してしまう方が非常に多いですが、そのままにしておくと進行してしまいます。自然に治る病気ではないので、早めにご来院いただくことをおすすめします。

投稿者: 関原歯科医院

2012.09.10更新

A.虫歯で歯にしみることもありますが知覚過敏の可能性もあります。もし、むし歯で浸みているのであればむし歯が神経に到達していることも考えられえますので早めにご相談することをおすすめします。

投稿者: 関原歯科医院

  • 患者さまの声
  • よくあるご質問
  • スタッフブログ