院長紹介

ご挨拶

正直に言いますと、歯科治療は、手を抜こうと思えばいくらでも手を抜くところがあり、特に保険診療においてはいかに時間や手間をかけずに治療するかで、多くの歯科医院が試行錯誤しています。そして、本来は良くするために治療を受けているにもかかわらず、数年後にまたダメになってしまうようなことが多々起きています。

当院は、そういった「その場しのぎ」の治療はしたくないため、自分が考える理想の歯科医院を実現するために始めました。

例えば、虫歯治療を行う際、通常はドリルで歯を削って樹脂を詰めておしまいですが、多くの場合、そこに虫歯の検知液を垂らすと、まだ虫歯が残っていることがわかります。そういったいい加減な治療を受けると、詰めた樹脂の下で虫歯が進行していき、またすぐに治療を受けなければならなくなります。

なぜそのようなことが起きているのか。それは、保険診療は点数(診療費)を何に対してどれくらい加算できるのか決まっているからです。虫歯の検知液は保険治療費としては請求できません。かと言って、自費診療として別途費用をいただくとなると、患者さんの負担が増えてしまいます。

当院では、こういった小さな点にも一つひとつこだわり、妥協しない治療を行っています(虫歯の検知液はもちろん使っていますが、費用は請求していません)。これは虫歯治療に限らず、あらゆる歯科診療に言えることです。

私たちは、自分たちに嘘をつかず、本当に患者さんに胸を張って説明できる治療だけを行います。今まで他の医院で治療を受けてきたが、満足のいく結果が得られなかった、何度も治療を繰り返している。そんな方は、ぜひ関原歯科医院へお越しください。

関原 仁 Masashi Sekihara

設備紹介

顕微鏡

口腔内カメラ

CT

レーザー