歯が抜けてしまった場合

歯を失ってしまったら…

歯を失ってしまった際の治療方法としては、「インプラント」「入れ歯」「ブリッジ」があります。インプラントはしっかりと噛めるようになり、見た目もきれいに仕上がりますが、かと言ってどのような場合でも必ずインプラントが最適な方法であるとは限りません。患者さんのお口の中の状態やご希望に合わせて、よく話し合いながら納得できる方法をお選びいただけるようにしています。

インプラントの特徴

メリット
  • 治療する箇所の両隣にある歯を削る必要がない
    (他の歯に負担をかけずに治療できる)
  • 治療したことが見てわからないくらいの自然な仕上がり
  • 噛む能力は、ほぼ100%回復できる
デメリット
  • 口腔外科手術が必要
  • 費用が高い(およそ30万円〜)
  • 治療期間が長くなる

入れ歯の特徴

メリット
  • 治療期間は一番短い
  • 保険が適用できるものもある
デメリット
  • 噛む力を100%回復することはできない
  • 違和感が大きい

ブリッジの特徴

メリット
  • 噛む能力は、ほぼ100%回復できる
  • 治療期間が比較的短い
  • 保険が適用できるものもある
デメリット
  • 治療する箇所の両隣にある歯を削る必要がある
    (既に両隣の歯に被せ物が入っている場合は、このデメリットはなくなります)
  • 歯3本分の負担を2本で支えることになるため負担が大きい
  • お手入れがしにくい

関原歯科医院のインプラント治療

院内でのCT検査

インプラント治療では口腔外科手術を行うことになるため、血管や神経の位置、そして骨密度について事前にきちんと把握しておく必要があります。レントゲン検査は二次元の画像ですので得られる情報が十分ではなく、必ずCTを使って三次元の検査結果を用いることで、初めて安全なインプラント治療が可能になります。

一方、CTの設備がない場合は、他のクリニックや検査センターに行っていただく必要があり、その分手間がかかり、コストも高くなってしまいます。関原歯科医院は、院内にCTを導入しているため、その日のうちにCT検査を受けることができ、費用も同部位なら何回とっても、およそ2万円程度で済ませられます(他の場所で撮ってきていただく場合には従来その撮影ごとに2万円程度が必要となります。)さらに当院の場合は、同部位なら何度撮っても費用が加算されることはなく、治療用のマウスピースを作ったり診断をしたりする費用もこの中に含まれています。

骨に接合しやすいインプラントを使用

関原歯科医院では、世界最大級のシェアを誇るストローマン社のインプラントを使用しています。これは骨に一番結合しやすいという特徴があり、通常は埋め込んだインプラントと骨が結合するために、上顎で6ヶ月・下顎で3ヶ月待つ必要がありますが、ストローマン社のインプラントであれば、最速3週間で次の処置に進むことができます(ただし十分な骨密度がある場合)。

関原歯科医院の入れ歯治療

精密な型取りと噛み合わせの記録

入れ歯を作る際は、型取りの精度で仕上がりに大きな違いが出てきます。関原歯科医院では「個人トレー」と呼ばれるものを使用し、ブレのほとんどない型取りをしています。また、上下の歯の位置関係を正しく計測するためには、咬合床(こうごうしょう)あるいは蝋堤(ろうてい)と呼ばれるものを使用する必要があります。関原歯科医院では少しでも良い入れ歯を作るために、できることはきちんと行うという当たり前のことを大切にしています。

様々な入れ歯の選択肢

留め金がないため目立たない「ノンクラスプデンチャー」、丈夫で薄いため違和感が少ない「金属床デンチャー」、埋め込んだインプラントを使って入れ歯を支える「インプラントオーバーデンチャー」などの選択肢もあります。患者さん一人ひとりのご希望に合わせてご提案させていただきますので、現在お使いの入れ歯に満足されていない方は、お気軽にご相談ください。