審美歯科・ホワイトニング

きれいな詰め物・被せ物を入れたい方へ

虫歯の治療で歯を削った後は、詰め物や被せ物を入れることになります。特に被せ物をする際は、歯と歯茎の境目である「マージンライン」を揃えることが重要で、ただ被せ物を作って取り付けるだけでは見た目が不自然に仕上がってしまいます。使用する材質はどこの医院でも同じですが、そういった技術面やどこまで手を抜かずにこだわりのある治療を行うかで差が出てくるため、きれいに仕上げたいという方は、ぜひ関原歯科医院へお越しください。当院は、虫歯の処置をする時も、取り残しがないよう検知液を使って虫歯を染め出しながら歯を削るようにしています。

審美治療に使う素材のご紹介

オールセラミック

  • 見た目:透明感があり、最も自然な仕上がりになる
  • 変色:なし
  • 適合性:優れている
  • 耐久性:弱い

メタルボンドセラミック

  • 見た目:天然の歯に近いが歯の裏側から金属が見える、透明感がやや劣る
  • 変色:なし
  • 適合性:良い
  • 耐久性:オールセラミックより高い

ハイブリッドセラミック

  • 見た目:きれい、透明感がない
  • 変色:しにくい
  • 適合性:良い
  • 耐久性:短い

ラミネートベニア

  • 見た目:透明感があり、天然の歯に近い
  • 変色:なし
  • 適合性:優れている
  • 耐久性:弱い

ホワイトニング

関原歯科医院では、ご自宅で患者さんご自身で行っていただくホームホワイトニング、当院でスタッフが行うオフィスホワイトニングを両方取り扱っております。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは、歯がある程度白くなるまでに時間がかかりますが、透明感のある白さが得られ、後戻りもしにくいという特徴があります。また、マウスピース(マウストレー)を最初にお作りしますので、2回目以降はホワイトニング薬液だけ(1本2,000円税抜)を追加購入していただければ、何度でもご自宅で歯を白くすることができます。

オフィスホワイトニング

こちらは、強いホワイトニング薬液と専用のライトを使用するため、一気に歯を白くすることができます。ただし、ベタッとした透明感にやや欠ける白さが特徴で、後戻りもホームホワイトニングよりは早い傾向にあります。また、毎回同じ費用がかかるため、コストの面でもホームホワイトニングより負担が大きくなってしまいます。

なお、歯をさらに白くしたい方、一気に白くしてそれを低コストで維持していきたい方には、ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングの併用がお勧めです。その他、ホワイトニングに関してわからないことがありましたら、お気軽にご相談ください。

  • 患者さまの声
  • よくあるご質問
  • スタッフブログ